禁煙セラピー
Google

禁煙セラピー
アレン・カーは、イギリスの禁煙活動家。
ロンドン在住で、18歳の時から煙草を吸い始め、会計士の職にあったときは1日に100本以上吸うヘビースモーカーであった。1983年に禁煙に成功し、以降は自身の経験をもとに、世界41ヵ国で85ヵ所以上の禁煙クリニックを開設した。2006年に肺癌と診断され、同年11月29日にスペイン・マラガにある自宅で死去した。72歳。
代表作に『禁煙セラピー』がある。
禁煙できない辛さは、経験がない人にはなかなかわかってもらえないものです。
しかもほとんどのスモーカーは、それを自分自身に問題があるせいだと考えています。

Yahoo! JAPAN

友人や他人の家を訪ねて、「タバコを吸っていいですか?」と聞けた時代はもう過去のことにってしまいました。最近ででは初めての家を訪問したら、吸殻の入った灰皿があるかどうかを必死で探さなければならないうえに、灰皿が見つからなければ我慢する。もし我慢しきれなくて許しを請うと「どうしてもとおっしゃるなら」とか「においが残りますので控えていただきたい」とかいう答えが返ってきます。もうすでに冷や汗をかいているかわいそうな喫煙者は、この答えに穴があったら入りたい気分になるものです。
禁煙セラピーで禁煙できなかった方にも電子タバコスーパーシガレットは自信を持っておススメできます♪